ご希望の水泳プール[水泳場]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

水泳プール[水泳場]

水泳プール[水泳場]用語集

水泳プール[水泳場]用語集 水泳プール[水泳場]用語集

文字サイズ

  • ライフセーバー
    らいふせーばー

    ライフセーバー(ライフセーバー)

    主に海、川、プールなどで起こる水辺の事故に対する救命活動(ライフセービング)を行なう者のこと。日本でのライフセーバーは、地方公務員やパートとしてスポーツ施設などで応急処置や事故防止などに努めているが、海外では主にボランティアとして救助に参加する者を指す。本来は山岳地での救助や災害時の救命活動、心臓発作や凍傷、熱中症に対する救急医療も活動のひとつとなっているが、日本では水難事故における人命救助というイメージが強い。ライフセーバーとして活動するためには、水泳トレーニングや関連知識を学ぶ必要があり、国内では日本赤十字社と日本ライフセービング協会が設けている資格を取得する者も多い。また、海の気象状態の知識や危険生物に対する対応などを競うスポーツは「ライフセービング」と言うが、これを行なうプロ選手のことは「プロライフセーバー」と言うため、使い分けが必要だ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の水泳プール[水泳場]を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る