ご希望の水泳プール[水泳場]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

水泳プール[水泳場]

水泳プール[水泳場]用語集

水泳プール[水泳場]用語集 水泳プール[水泳場]用語集

文字サイズ

  • 日本泳法
    にほんえいほう

    日本泳法(ニホンエイホウ)

    明治以降に呼び名が付けられた日本古来の泳ぎ方のことで、「古式泳法」とも呼ばれる。「水術」「水練」「踏水術」「遊泳術」「 泅水術(しゅうすいじゅつ)」などが本来の呼び方であるが、現在ではあまり一般的では無い。広義では、重い甲冑などを装備したまま水中で戦ったり、水中で火縄銃を扱ったりする戦闘技術も含まれる。戦乱の時代に生まれたものが江戸時代に発展し、戦闘のみならず護身法として武士のたしなみとされていた。1932年(昭和7年)に、日本泳法の中から重要なものだけを残し、そこに競泳スピードを求める「標準泳法」を加えて国民必修の泳法が設定された。現在では、12の流派が日本水泳連盟により公認されており、毎春に日本泳法研究会が開かれ、毎夏には日本泳法大会が開催されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の水泳プール[水泳場]を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る