ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

救急救命法とは



救急救命とは危機的な状況下におかれている者の命を救うための行動であり、救急隊が到着するまでに行なうものは応急救護処置と呼ばれます。救急車を呼んでから現場に到着するまでの平均はおよそ8分で、心停止から1分経つごとに救命率は7~10%下がると言われているため、すみやかな処置が求められます。なお、水の事故で溺れた対象者を救命する場合は、自ら救命に行くと対象者に掴まれて一緒に溺れてしまう恐れがあるため、浮き輪など救命具を投げることが望ましいと言われています。

救命処置の流れ

救命処置の流れ

危険な状態の者(以降、疾病者)を発見した場合はまず、反応を確認します。反応がなく意識がない場合は、119番通報とAED(自動体外式除細動器)の手配をして呼吸を確認します。呼吸をしている場合は、回復体位と呼ばれる、気道を確保するために横向きに寝る体勢を取らせます。万が一呼吸をしていない場合は胸部圧迫と人工呼吸を繰り返し、AEDがある場合は電気ショックを与えるなどして、救急隊が到着するまで、または呼吸が戻るまで、継続して心肺蘇生(自動体外式除細動器)を続けます。胸部圧迫は1分間に100回程度のテンポを継続し、人工呼吸を組み合わせる場合は、胸部圧迫を30回したのちに人工呼吸を2回することを繰り返すのが望ましいと言われています。人工呼吸を行なう際は感染症の予防をするなど二次被害を発生させないことが大切です。また、訓練を受けていない人は、人工呼吸はせずに胸部圧迫のみを継続します。

AED(自動体外式除細動器)とは

AED(自動体外式除細動器)とは、心肺停止している者に対して電気ショックを与える道具であり、救助者が特別な講習を受けていなくても使用できるように音声案内が流れ、その通りに作業することで使用することができます。電気ショックが必要か不必要かはAEDが自動で判断してくれるため、不必要な電気ショックを与えてしまうという事故も起きないようになっています。

AEDの使用手順

AEDの電源を入れ(自動で電源が入るタイプもあります)、電極パッドを疾病者の右胸の上部(鎖骨の下)と左胸の下部(わきの下の辺り)に貼り付けます。就学前の子どもが疾病者の場合は子ども用パッドや小児モードを選択します。なお、このときも胸部圧迫は継続します。パッドを貼るとAEDが自動的に心電図を解析し、電気ショックが必要かどうかの判断を音声などで知らせてくれます。診断が始まったら胸部圧迫は停止します。電気ショックが必要と判断された場合は感電防止のために疾病者から離れ、誰も触れていないことを確認して開始ボタンを押します。その後は胸部圧迫を再開し、AEDの指示にしたがいましょう。