ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトプール[水泳]リサーチ
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

アリーナの概要



アリーナ(arena)はイタリアに本社を持つスイムウエアブランドであり、1973年に設立されました。arenaとはスペイン語で「砂」を意味しています。

オリンピック日本代表にも採用される

オリンピック日本代表にも採用される

アリーナの創立者であるホルスト・ダスラーはドイツに本拠を構えるスポーツ用品ブランドであるアディダス社(adidas)の創始者の息子です。ミュンヘンオリンピック(1972年)で7個の金メダルを獲得したマーク・スピッツの名前を冠したスイムウエアと共に誕生しています。設立当初はアディダスグループの一員でしたが、現在はアディダスグループから離れています。日本国内でのビジネスパートナーとして契約しているスポーツ用品メーカー、デサント(DESCENTE)がアジア・太平洋地域での事業展開権を所有しており、デサントの商品については「arena BY DESCENTE」と表記されて差別化が図られています。

日本国内では「アリーナくん」と「クロールくん」というキャラクターが設定されており、公式サイトでは絵本を読むことができます。1974年には当時の世界チャンピオンであったシェーン・グルド(オーストラリア)と契約を結び、シェーン・グルドモデルを発表しました。1976年のモントリオールオリンピックでは、同社のスイムウエアを着用した選手が27個もの金メダルを獲得しました。

また、同年には日本においてデサントによるテストセールがスタートしています。また、10人のオリンピック選手を擁する「TEAM ARENA(チームアリーナ)」を結成し様々な大会で活躍を見せました。1980年にはサーフィン用のアイテムを発表し、1983年には体操競技へのサプライも開始しました。1994年に日本女子チームへのスイムウエアサプライを開始し、1996年のアトランタオリンピック、2000年のシドニーオリンピック(シンクロナイズドスイミング)、2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピックと連続で日本代表チームへのサプライを行なっています。

アリーナとの主な契約選手・契約団体

アリーナと契約を結んでいる主な選手や団体を紹介します。

  • 北島康介選手(水泳)
  • 入江陵介選手(水泳)
  • 立石諒選手(水泳)
  • 古賀淳也選手(水泳)
  • 富田尚弥選手(水泳)
  • 柴田亜衣選手(水泳)
  • 浅野重人選手(ラフティング)
  • 田中芳美選手(エアロビック)
  • 中田大輔選手(トランポリン)
  • 田中光選手(体操)
  • 遊佐雅美選手(ライフセービング)
  • ラッジオ・シェー選手
  • アラン・ベルナール選手
  • アレクサンドル・ダーレ・オーエン選手
  • 日本水泳連盟
  • ドイツ水泳連盟
  • 中国国家体育総局
  • スウェーデン水泳連盟
  • ポーランド水泳連盟

アリーナがオフィシャルパートナーとして締結する団体

アリーナが行っている協賛・スポンサーを紹介します。

  • 国際水泳連盟(FINA)
  • 欧州水泳連盟
  • 世界選手権
  • パンパシフィック水泳選手権
  • KANAKA IKAKA

アリーナの日本国内旗艦店

アリーナは日本国内に4つの旗艦店を持っています。

  • ARENA SHOP 原宿店(東京都渋谷区)
  • ARENA SHOP 天神店(福岡市中央区)
  • ARENA SHOP 名古屋ANNEX店(名古屋市中区)
  • DESCENTE SHOP サッポロファクトリー店(札幌市中央区)