施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のプール情報を無料で検索できます。

ホームメイトプールリサーチ

プール情報

ウォータースライダーとは



ウォータースライダーとはプール施設に設置される遊具のひとつで、水が流れる水路の中を滑り降りる滑り台の一種です。水着を着たまま滑走するタイプや、浮き輪やボートに乗って降りるものなど、バリエーションは様々です。

ウォータースライダーの定義

ウォータースライダーの定義

日本では1990年、財団法人日本建築センター内に遊戯施設技術研究委員会が設置され、ウォータースライダーに関する安全基準、構造計算基準、運行基準が定められ、ウォータースライダーについての定義が定められました。なお、遊戯施設技術研究委員会では1990年頃に「ウォータースライド」と呼称を改めています。

日本初のウォータースライダーは船橋ヘルスセンター

日本で最も古い本格的なウォータースライダーは、「千葉県船橋ヘルスセンター」に設置されていた「大滝すべり」です。1963年に一般公開された「大滝すべり」は、スチール製で直線の滑走路が10レーンある大規模なものでした。なお当時の船橋ヘルスセンターの跡地は現在「ららぽーとTOKYO-BAY」(複合型施設)になっています。

船橋ヘルスセンターの「大滝すべり」を契機として、昭和40年代に入ると全国各地のプール施設でウォータースライダーが導入されていきます。現在のようなウォータースライダーが登場するのは、昭和50年代に入ってからです。アメリカでFRP(繊維強化プラスチック)製のウォータースライダーが開発され、さらに多くの施設でウォータースライダーが設置されるようになりました。FRP技術により、コースレイアウトの自由度が増し、様々なタイプのウォータースライダーが作れるようになっています。

日本国内にある特徴的なウォータースライダーの一例

国内の特徴的なウォータースライダーを紹介します。

芝政ワールド「トリプルザウルス」
3本のウォーターチューブが絡み合うように交差するウォータースライダーです。チューブスライダーの長さ、高さが「ギネスワールドレコード2005」に認定されました。
ナガシマスパーランド・ジャンボ海水プール「ブーメランツイスト」
最大傾斜68度、地上高20mという絶壁の急上昇と急降下を繰り返すダイナミックなウォータースライダーです。6人乗りのゴムボートに乗って滑走します。
東京サマーランド「スネイクスライド」
東京サマーランド・アドベンチャーラグーン内で最古のウォータースライダーです。全長120m、高さ12mで、2つのコースが楽しめます。
としまえん「ハイドロポリス」
A~Cまで3つのタワーがあり、合計9種類のウォータースライダーが楽しめる「巨大な水の絶叫マシン」です。トンネルタイプ、スピードタイプなど、様々なウォータースライダーが楽しめます。