施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のプール情報を無料で検索できます。

ホームメイトプールリサーチ

プール情報

Nemo33 (ベルギー)の特徴



Nemo33は、ベルギーの首都、ブリュッセルにあるプールで、世界一深いプールとして広く知られています。水深は34.5mあり、一般的なビルや建物に換算すると、およそ10階建てに相当する高さになります。全世界のスキューバダイビングを愛する人たちから「聖地」として憧れられている一大ダイビングスポットでもあります。

天然水をふんだんに使用した世界一深いプール

天然水をふんだんに使用した世界一深いプール

Nemo33は、プロダイバーとして知られるジョン・ビアナートが、みずからの資産と膨大な時間を費やして設計し、施工されました。企画から完成までにおよそ7年間、約5億円もの時間と資金を投入し、2004年に日の目を見ることとなりました。プールの中は温水に保たれており、常時30度以上に保温されています。ウェットスーツを着用せずにスキューバダイビングができるということで、現在も世界各国から多くのダイバーや愛好家たちが訪れています。また、プールの水面から約35mの最深部まで、一切塩素が使用されていないという類稀な特徴を持っています。天然水へのこだわりを示すように、プール内はフィルターでろ過された湧き水がおよそ250万リットルも使用されています。外部の海などで使用されたウエットスーツや酸素ボンベなどのアイテムがすべて「持ち込み禁止」となっているのは、このこだわりの水質を持ったプール内の水を汚さないためという理由です。

設計者であるジョン・ビアナートが掲げたコンセプト

Nemo33は、ベルギー人のプロダイバーでありダイビングの研究者でもある、ジョン・ビアナートが設計しました。元々は、スキューバダイビングの訓練用プールとして誕生しましたが、水深約35mを誇る「世界一深いプール」だけではなく、水中には洞窟を設置するなど、遊び心のあるギミックも多数施されています。自身の時間と資産を費やしたジョン・ビアナートは、「プールを温水にしたのは南国のムードを出すため。ブリュッセルにバハマビーチが誕生した。ここで1時間程泳げば、仕事のストレスが吹き飛ぶ」と述べています。自身がダイビングを愛し、ダイバーにとって最適な環境を提供したいという願いから、ライフワークとして「Nemo33」を設計したというのが伺えます。なお、プール内は5m、10m、35mといくつかのコースがあり、利用者が目的によって使い分けられるようになっています。Nemo33は現地の熱心なダイバーたちの練習の場として、またNemo33自体を楽しむ人でいつも賑わっています。