ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトプール[水泳]リサーチ
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

武田美保選手の経歴



武田美保選手は、1976年9月13日、京都府京都市生まれの水泳選手です。専門種目はシンクロナイズドスイミングで、アトランタオリンピック(1996年)、シドニーオリンピック(2000年)、アテネオリンピック(2004年)と3大会連続で出場し、計5つのメダルを獲得しています。引退後は、スポーツコメンテーター、シンクロナイズドスイミングの指導者として活躍しています。

現役時代の武田美保選手

現役時代の武田美保選手

武田美保選手が水泳を始めたのは、5歳のときです。京都の名門と言われる「京都踏水会」に入会し、7歳からシンクロコースに進んでいます。13歳で「井村シンクロクラブ」に入ると、ジュニア日本代表、ナショナルA代表へと順に選出されていきました。井村シンクロクラブで出会ったのが、のちにデュエットを組む立花美哉選手です。立花選手とのデュエットでは、1997年から日本選手権で7連覇を達成しました。立命館大学進学後、大学2年生のときにアトランタオリンピックの日本代表チームの一員に選ばれ、銅メダルを獲得します。大学卒業後に臨んだ2000年のシドニーオリンピックでは、チームでの出場の他、立花選手とデュエットでも出場を果たし、両種目で銀メダルを獲得しました。2001年には、世界水泳福岡大会のデュエットで金メダルに輝きます。この金メダルは、日本シンクロ界初の快挙で、武田美保選手が唯一獲得した金メダルとなりました。2004年のアテネオリンピックにも「チーム」「デュエット」で出場し、2つの銀メダルを手にしています。

指導者として、教育者としての活躍

2004年のアテネオリンピック後に引退を表明して以降は、スポーツコメンテーターとして主にシンクロナイズドスイミングの解説などを務めます。また、2006年に「マッスルミュージカル」に出演したり、2007年に松任谷由実コンサートツアー「YUMING SPECTACLE SHANGRILA III」に出演したりするなど活躍の幅は広く、テレビCMにも出演しました。2010年には、厚生労働省認可資格「肥満予防健康管理士(ダイエットアドバイザー)」を取得すると同時に、三重県の小中学生を対象としてシンクロナイズドスイミングの指導を開始します。ジュニア育成に注力し、2011年には生徒がジュニアオリンピック出場を果たしました。2011年10月には三重大学特任教授に就任し「スポーツと社会連携」、「セカンドキャリアのシステム」といった講義を担当しています。2013年には、文部科学省「教育再生実行会議」の有識者メンバーにも選ばれ、指導者としてだけではなく幅広く教育に携わっています。

武田美保選手の主な戦績

武田選手が残した功績を紹介します。

  • 1996年アトランタオリンピック「チーム」銅メダル
  • 2000年シドニーオリンピック「デュエット」銀メダル、「チーム」銀メダル
  • 2004年アテネオリンピック「デュエット」銀メダル、「チーム」銀メダル