施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のプール情報を無料で検索できます。

ホームメイトプールリサーチ

プール情報

小谷美可子選手の経歴



小谷美可子選手は、1966年8月30日生まれ、東京都出身の女子シンクロナイズドスイミングの選手です。1988年のソウルオリンピックでは、女子シンクロナイズドスイミング「ソロ部門」「デュエット部門」でそれぞれ銅メダルを獲得し、話題となりました。1992年にバルセロナオリンピック出場の夢が破れるとそのまま引退し、以後は主にスポーツコメンテーターとして活動しています。

現役時代の小谷美可子選手

現役時代の小谷美可子選手

小谷美可子選手は、9歳からシンクロナイズドスイミングを始め、1978年「カナダ年齢別選手権」で国際大会デビューします。このときは、「ソロ部門」「デュエット部門」ともに3位となりました。中学校を卒業すると、アメリカの「ノースゲートハイスクール」に留学します。名門シンクロクラブ「アクアナッツ」で、コーチのゲール・エメリー氏に師事しながら、本格的にシンクロ選手としての道を歩み始めます。1985年のパンパシフィックでは、「デュエット部門」で優勝、「ソロ部門」でも2位の成績を残しました。1988年のソウルオリンピックでは「ソロ部門」、「デュエット部門」ともに銅メダルを獲得し、小谷実可子の名前が全国に知れ渡ります。このときの活躍が讃えられ、都民栄誉賞、ビッグスポーツ賞、総理大臣銀杯を受賞しました。1991年世界選手権の「デュエット部門」で優勝したあと一時休養するものの、1992年のバルセロナオリンピックに向けて復帰を果たし、見事オリンピックの出場権を手にします。しかし「ソロ部門」では奥野史子選手が、「デュエット部門」では奥野史子選手と高山亜樹選手が出場し、小谷実可子選手はバルセロナオリンピック後に、現役引退を表明しました。

夫は元陸上短距離選手、杉浦雄策

引退後は、シンクロの指導にあたりながら、スポーツコメンテーター、スポーツジャーナリストとして活躍しています。また、イルカと一緒に泳ぐことについて書かれた著者『ドルフィン・ピープル』(近代文芸社)を出版するなど、動物や自然とのかかわりに強い関心を持っています。プライベートでは、1999年に元陸上短距離選手で、明海大学教授の杉浦雄策氏と結婚しました。2001年に長女、2006年に次女を出産し、母としての顔も持ち合わせています。

小谷美可子選手の主な戦績

小谷選手の主な功績を紹介します。

  • 1985年パンパシフィック「デュエット」優勝、「ソロ」2位
  • 1985年全日本選手権「デュエット」優勝
  • 1987年全日本選手権「デュエット」優勝
  • 1988年ソウルオリンピック「デュエット」銅メダル、「ソロ」銅メダル
  • 1989年スイス・オープン「ソロ」優勝
  • 1990年ローマシンクロ大会「ソロ」優勝、マジョルカオープン大会「ソロ」優勝