ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

田島寧子選手の経歴



田島寧子(やすこ)選手は、1981年5月8日生まれ、神奈川県鎌倉市出身の元水泳選手です。専門種目は個人メドレーで、2000年9月に行なわれたシドニーオリンピックでは、「女子400m個人メドレー」で銀メダルを獲得しています。銀メダル獲得直後のインタビューでの第一声「めっちゃ悔し~い」は、2000年のユーキャン新語流行語大賞でトップテン入賞を果たす程に話題を集めました。

オリンピックメダリストからタレントへ

オリンピックメダリストからタレントへ

喘息の体質改善のための3歳で水泳を始めました。幼稚園のとき、東京都練馬区に引越した際に南光スイミングスクールに入り、小学校時代から試合で好成績を残し始めます。1997年に日本選手権「女子400m個人メドレー」で優勝すると、1998年、1999年、2000年と同大会同種目で4連覇を達成しました。日本選手権で1998年、2000年と、2回も日本新記録を更新しています。そして、2000年にはシドニーオリンピックに出場し、「女子400m個人メドレー」で銀メダルを獲得しました。このときも日本新記録を更新しています。競泳で日本の選手がメダルを獲得したのは、バルセロナオリンピック「女子200m平泳ぎ」で金メダルを獲得した岩崎恭子選手以来となる、2大会ぶりのことでした。

シドニーオリンピック後は水泳から引退し芸能界へと活動の場を移し、女優としてテレビドラマや映画に出演した他、バラエティ番組でのリポーターなどを務めました。しかし、社会人経験の不足を理由に2007年芸能界を引退しています。

田島寧子選手が優勝した大会

田島寧子選手は下記の試合で優勝しています。

  • 1997年「日本選手権 女子200m個人メドレー」
  • 1997年「日本選手権 女子400m個人メドレー」
  • 1998年「日本選手権 女子200m個人メドレー」
  • 1998年「日本選手権 女子400m個人メドレー」
  • 1999年「日本選手権 女子400m個人メドレー」
  • 2000年「日本選手権 女子400m個人メドレー」

流行語となった「めっちゃ悔し~い」

田島寧子選手を語る上で、外すことのできないエピソードがユーキャン新語流行語大賞でトップテン入りを果たした「めっちゃ悔し~い」と言う発言です。これは、シドニーオリンピックで銀メダルを獲得した直後のインタビューで飛び出した発言です。金メダルを獲得したヤナ・クロチコワ選手とのタイム差がごくわずかだったために出た、田島寧子選手の率直な気持ちが、「めっちゃ悔し~い」と言う言葉になったものです。なお、このときのインタビューでは「金がいいです」と言う発言もあり、こちらも話題になりました。