施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のプール情報を無料で検索できます。

ホームメイトプールリサーチ

プール情報

入江陵介選手の経歴



入江陵介選手は、1990年大阪府生まれの水泳選手です。専門種目は背泳ぎで、2012年のロンドンオリンピックでは、「男子100m背泳ぎ」で銅メダル、「男子200m背泳ぎ」で銀メダル、「男子4×100mメドレーリレー」で銀メダルを獲得するなど、日本の男子水泳界で数々の戦績を残しています。

文武両道のアスリート

文武両道のアスリート

入江陵介選手が水泳を始めたのは4歳で、背泳ぎに転向して本格的に水泳選手への道を歩み始めたのは中学校時代です。中学校3年生のときには、「男子100m背泳ぎ」「男子200m背泳ぎ」の中学校記録を樹立しています。また、高校時代には、高校生記録、日本記録を続々と更新しました。なお、入江選手は文武両道の選手としても知られており、高校時代は常にトップクラスの成績を誇っていました。また、入江選手はバランスの良いフォームで泳ぐことで知られています。そのバランスの良さは、額にペットボトルを乗せたまま泳げる程です。

入江陵介選手の出身校

入江選手の出身校は次の通りです。

近畿大学附属高等学校
大阪府東大阪市にある近畿大学の附属高校です。高等部の生徒数は約3,000人と日本で有数のマンモス校として知られています。普通科だけでなく、英語教育に力を入れる国際コースや、医学部を目指す医薬進学コースなどがあります。また、スポーツクラスもあり、卒業生には水泳の金メダリストも少なくありません。水泳選手には、山本貴司選手や千葉すず選手もいます。
近畿大学法学部
近畿大学附属高等学校を卒業したあとは、近畿大学へ進学しました。大学時代に数多くのメダルや賞を受賞しました。

入江陵介の主な出場大会及び成績

  • 2009年世界水泳「男子200m背泳ぎ」銀メダル
  • 2010年アジア大会 「男子100m背泳ぎ」金メダル「男子200m背泳ぎ」金メダル
  • 2011年世界水泳 「男子100m背泳ぎ」銅メダル「男子200m背泳ぎ」銀メダル
  • 2012年ロンドンオリンピック「男子100m背泳ぎ」銅メダル「男子200m背泳ぎ」銀メダル、「男子4×100mメドレーリレー」銀メダル

入江陵介の意外な趣味・特技

入江陵介選手は、あるインタビューで「バレーボールがマイブームである」と語っています。また、ピアノを特技として挙げ、文武両道アスリートの片鱗を伺わせました。よく聴く音楽は、倖田來未、AAA、EXILEで、オフの日にライブに行くことも多いそうです。

入江陵介と親交のある有名人

入江陵介選手は、シンガーソングライターの高橋優さんと親交が深く、ロンドンオリンピックのときには、高橋さんの『旅の途中』を自身の公式応援ソングとして採用しています。この曲は、高橋さんが入江選手にエールを送った歌で、2012年8月8日に発売されたシングル『陽はまた昇る』のカップリング曲として収録されました。ロンドンオリンピック「男子100m背泳ぎ」決勝の前日から、24時間無料ダウンロードを行ない、入江陵介ファンを盛り上げました。