ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

中村真衣選手の経歴



中村真衣選手は、1979年7月16日新潟県長岡市生まれの元水泳選手です。2000年のシドニーオリンピックでは「女子100m背泳ぎ」で銀メダル、「女子400mメドレーリレー」で銅メダルを獲得しています。2007年に現役引退を表明してからは、株式会社JSS所属のスイミングアドバイザーとして水泳指導を行なっている他、講演会やテレビ出演など、幅広く活動中です。また、中村選手の地元である新潟県では、初代「元気大使」に任命され、健康増進に関する普及啓発活動も行なっています。

オリンピック2大会連続出場で2つのメダルを獲得

オリンピック2大会連続出場で2つのメダルを獲得

4歳で水泳を始めると、着実に実力を上げていき、中学校3年生のときに日本選手権「女子100m背泳ぎ」で金メダルを獲得します。1996年には、アトランタオリンピックに出場し、「女子100m背泳ぎ」で4位に入賞します。このとき、中村真衣選手は高校2年生でした。1998年に中央大学法学部に進学します。2000年、大学3年生のときにシドニーオリンピックへの出場を果たします。結果は、「女子100m背泳ぎ」で銀メダルを獲得し、田中雅美選手、大西順子選手、源純夏選手とタッグを組んだ「女子400mメドレーリレー」では、銅メダルを獲得しました。大学卒業後もプロスイマーとして選手活動を続けるものの、2004年のアテネオリンピックの出場は叶いませんでした。2005年の日本選手権「女子50m背泳ぎ」で優勝を果たすものの、肩の不調や身体の衰えから2007年メルボルン世界選手権出場後に、地元長岡で引退を発表しました。引退後は、株式会社JSS長岡所属のスイミングアドバイザーとして、後輩達の指導にあたりながら全国で水泳の指導をしています。また、株式会社マザーランドに所属し、講演会活動も行なっています。中村真衣オフィシャルブログ「GO MAI WAY」では、全国で活躍する中村選手の様子をうかがい知ることが可能です。

中村真衣選手の主な出場大会及び成績

  • 1994年日本選手権水泳競技大「女子100m背泳ぎ」優勝
  • 2000年シドニーオリンピック「女子100m背泳ぎ」2位
  • 2000年シドニーオリンピック「女子400mメドレーリレー」3位
  • 2008年マスターズ水泳長水路世界新記録樹立「50m背泳ぎ」
  • 2009年マスターズ水泳短水路世界新記録樹立「50m背泳ぎ」
  • 2008年マスターズ水泳長水路世界新記録更新「50m背泳ぎ」

新潟県中越沖地震と地元への想い

アトランタオリンピック出場の夢が破れ、引退を考えていた矢先の2004年10月23日、中村真衣世界は新潟県中越沖地震に被災します。3日間を車中泊で過ごし、このとき、「私がもう一度奮起することで郷里の人達を勇気づけたい」と、現役続行を決意しました。水泳以外でも、復興イベントに積極的に参加するなど、地元復興のための活動を多数行なっています。