ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

北島康介選手の経歴



北島康介選手は、1982年9月22日、東京都荒川区生まれの水泳選手です。専門種目は平泳ぎで、2000年、高校3年生でシドニーオリンピックに出場したのを皮切りに、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックと連続出場しました。ともに100m、200m平泳ぎで金メダルを獲得し、日本人初となるオリンピック2大会連続2種目制覇を達成しました。2011年からはスイミングスクール「KITAJIMAQUATICS」を設立し、子どもから大人まで多くの人に水泳の素晴らしさを教えています。

北島康介選手の生い立ち

北島康介選手の生い立ち

北島康介選手は、1982年に東京都荒川区に生まれました。5歳の頃から東京スイミングセンター(東京SC)で水泳を始め、頭角を現します。北島選手が初めて五輪を経験したのは、2000年のシドニーオリンピックでした。その頃はまだ高校生でしたが、100m平泳ぎで4位に入賞します。その4年後のアテネ、2008年の北京五輪では、100m、200m平泳ぎの両方で金メダルを獲得し、日本を代表する水泳選手となりました。

北島康介選手が出演したCM

北島康介選手は、飲料メーカーの日本コカ・コーラ株式会社や、自動車メーカーのスズキ株式会社、飲食チェーンの日本マクドナルド株式会社など、様々な企業のCMに出演しています。

特に日本マクドナルド株式会社のCMでは、当時の新商品だったクォーターパウンダーのイメージキャラクターとして、北島選手のパフォーマンスである「ビッグマウス」が大々的に取り上げられました。「ライバルは自分」や「勝負は勝ちに行くから面白い」など、北島選手らしい格言を数多く残しました。

北島康介選手の名言

北島康介選手はアテネオリンピックに出場した際、「チョー気持ちいい」という名言を残しました。これは男子100m平泳ぎを泳ぎ切り、北島選手の金メダルが決まったあとのインタビューで発言した言葉です。この言葉はその年の「ユーキャン新語・流行語大賞」に決まりました。

北島康介選手の主な大会成績

北島選手が残した功績を紹介します。

  • 2003年世界選手権「100m平泳ぎ」「200m平泳ぎ」優勝(世界新記録)
  • 2004年アテネオリンピック「100m平泳ぎ」「200m平泳ぎ」優勝(オリンピック新記録)
  • 2008年JAPAN OPEN「50m平泳ぎ」「100m平泳ぎ」「200m平泳ぎ」優勝(日本新記録)
  • 2008年北京オリンピック「100m平泳ぎ」優勝(世界新記録)
  • 2008年北京オリンピック「200m平泳ぎ」優勝(オリンピック新記録)
  • 2012年日本選手権「100m平泳ぎ」優勝(日本新記録)

北島康介選手の実家は精肉店

北島康介選手の実家は、東京都荒川区西日暮里にある精肉店「肉のきたじま」(株式会社北島商店)です。北島選手が「実家のメンチカツが好き」とインタビューで話したところ、メンチカツを求めるお客さんがお店に殺到し、一時は2時間待ちの行列ができるなど、注目を集めました。