施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のプール情報を無料で検索できます。

ホームメイトプールリサーチ

プール情報

中西悠子選手の経歴



中西悠子選手は、1981年4月24日生まれ、大阪府池田市出身の元水泳選手です。専門種目はバタフライで、2000年シドニーオリンピック、2004年アテネオリンピック、2008年の北京オリンピックと、オリンピック3大会に連続出場しました。アテネオリンピックでは「女子200mバタフライ」種目で銅メダルを獲得しました。現在は、枚方スイミングスクール(枚方SS)のコーチとして、後輩たちの指導・育成にあたっています。

7歳から競泳の世界へ

7歳から競泳の世界へ

中西悠子選手は、0歳の頃からベビースイミングに通っており、非常に早い段階から水泳を始めていました。競泳のトレーニングを本格的に開始したのは7歳のときです。当初は個人メドレーで競技を行なっていましたが、小学校5年生からバタフライを専門種目としています。

大きな戦績を残し始めたのは高校生のときです。1997年の東アジア競技大会「女子200mバタフライ」で優勝を果たすと、2000年にはシドニーオリンピックに出場しました。世界水泳選手権、パンパシフィック水泳選手権を始めとした国際大会に数多く出場します。シドニーオリンピック後も、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックと、3大会連続でオリンピック出場を果たしました。

2004年に近畿大学を卒業すると、所属していた枚方スイミングスクールに就職し、コーチングスタッフとして指導業務にあたりながら、選手生活を続けました。現役引退は2010年です。2008年に北京オリンピック出場を果たすと、2009年は日本短水路選手権、世界選手権とも出場を断念し、2010年4月12日に引退記者会見を開き、現役を引退しました。

スランプからの脱却

中西悠子選手は高校2年生のときに、大きなスランプに陥ります。高校2~3年生のときには日本代表にも選ばれず、自身のベストをなかなか更新できずにいました。しかし、高校3年生のときにジュニア遠征に選ばれたことにより、事態は好転します。第一線で活躍する選手たちの姿を見て、大きな刺激を受けたのです。北島康介選手など日本を代表する選手たちと同じプールで泳いだことで「競技への意欲が湧いてきた」とのちに語っています。これをきっかけに19歳で日本代表に復帰し、2000年にシドニーオリンピック出場を果たします。

中西悠子選手が働く枚方スイミングスクールとは

ベビーコースから成人指導コースまで、様々な年齢層のスイマーたちを育成するスイミングスクールです。ベビーコースは生後6ヵ月から通えます。子どもの心を育成するために、夏にはキャンプや海水浴、冬にはスキーなどの課外活動も行なっています。