ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

千葉すず選手の経歴



千葉すず選手(現・山本すず選手)は、1975年8月11日、神奈川県横浜市生まれの水泳選手です。専門種目は自由形で、1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックに日本代表選手として出場しました。引退後はカリフォルニア州認可の会社法人、スポーツ推進会社「ビクトリーベル」を設立し、水泳をはじめとした各種スポーツの指導や、スポーツ留学の斡旋などを行なっています。また、夫は水泳の山本貴司選手で、プライベートでは4児の母として育児に奮闘しています。

千葉すず選手の主な成績

千葉すず選手の主な成績

千葉すず選手の主な成績は次の通りです。

  • 1987年「女子400m自由形」日本学童記録を更新
  • 1990年 第66回日本選手権水泳競技大会 「女子50m自由形」「女子100m自由形」「女子200m自由形」で三冠
  • 1991年 第6回世界水泳選手権 「女子400m自由形」銅メダル
  • 1992年 バルセロナオリンピック 「女子200m自由形」6位 「女子400m自由形」8位
  • 1993年 パンパシフィック水泳選手権 「女子200m自由形」銅メダル「女子200m自由形」金メダル
  • 1996年 全米選手権 「女子200m自由形」優勝
  • 1999年 第76回日本選手権水泳競技大会 「女子100m自由形」「女子200m自由形」優勝

スポーツ仲裁裁判と引退

千葉すず選手は、2000年のシドニーオリンピックへの日本代表選考会をかねた、第76回日本選手権に出場し、日本水泳連盟が日本代表への条件とする「五輪A標準記録」を上回るタイムを記録し「女子200m自由形」で優勝を収めます。しかし、日本水泳連盟は、千葉選手を日本代表に選出しませんでした。これに不服を感じた千葉選出は、日本水泳連盟を相手に、スポーツ仲裁裁判所に提訴をします。千葉選手の訴えは却下され、シドニーオリンピック出場は実現せず、千葉選手はそのまま引退を決意しました。千葉選手の訴えは却下されたものの、日本水泳連盟は2001年より選考基準の明確化を図り、同時に着用水着の自由化も実現させました。千葉選手の訴えが、後世に残した影響は大きいと考えられています。

夫はアテネオリンピック銀メダリストの山本貴司選手

千葉すず選手は、引退から2年後の2002年に結婚をしています。相手はアテネオリンピック「男子200mバタフライ」で銀メダルを獲得した、水泳の山本貴司選手です。千葉選手と山本選手は、小学校から同じプールで泳いでいた水泳仲間で、千葉選手の方が2歳年上です。言わば2人は幼なじみであり、先輩後輩と言える間柄です。「オリンピックという同じ目標に向かっていく中で、2人の距離が縮まっていった」と、夫の山本選手は話しています。結婚後は4児の子どもに恵まれました。