ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトプール[水泳]リサーチ
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

デカパトスの特徴



デカパトスは、兵庫県神戸市東灘区にある人工島「六甲アイランド」にある、屋外型のプール施設です。例年7月上旬~9月上旬にかけて営業されています。2005年にオープンしたデカパトスは、流れるプールやボディスライダー、幼児用プールなど様々な設備があり、ファミリーで楽しめるレジャースポットとして人気を博しています。

デカパトスが誕生するまで

デカパトスが誕生するまで

デカパトスは、レジャー施設六甲ランドAOIAの北側に新しく作られた巨大プールです。もともとあった六甲ランドAOIAは六甲環境計画の経営のもと運営されていましたが、1995年に起きた阪神淡路大震災の影響で被害を受け、そのまま再開の目途が立たず閉鎖されてしまいます。なお、六甲ランドAOIAにあった観覧車は、現在神戸市の小型遊園地・モザイクガーデンに引き継がれ、神戸のシンボルとして愛され続けています。

デカパトスのプール

デカパトスには、「水遊の庭」「水楽の庭」「癒しの庭」と、3つのテーマに分かれた13のウォータースポットが用意されています。一部施設は関西電力からの節電要請により休止になる場合があります。

水遊の庭

水遊の庭には幼い子ども向けの小型プールや噴水などがあります。主なアトラクションを紹介します。

ふれあい水遊びプール
25cm、50cmと水深が浅い、子ども向けのプールです。「ウォータープレイシステム」と呼ばれるアスレチックがあり、頭上には水が一気に流れ落ちる大きな樽が設置されています。
街角の泉・百噴水
流れる水に足を浸けて涼しさを感じられる「水遊プロムナード」です。
ネプチューンの泉
エントランスホール広場にある円形の噴水です。

水楽の庭

水楽の庭にはアトラクションとして楽しめるプールが数多く設置してあります。

トリトンの噴水
デカパトスの中心部を縦断する水のトンネルで、一定時間ごとに地面から水が噴出します。
造波プール
南国のビーチのような雰囲気のデカパトスでもっとも大きなプールです。水深0~1.3mのビーチ風プールには、人工波が打ち寄せます。
流水プール
水深1.0m、全長220mの流れるプールです。くねくねと曲がりながら流れるプールです。
リバーライド
専用の大型チューブに乗って滑走するウォータースライダーです。全長118m、最大の高さは14mです。ラフティングのような迫力を味わえます。
ボディスライダー
全長92m、高さ10mのウォータースライダーです。チューブを使わずに滑走するため、手の組み方や身体の接地面積を変えることで、滑走スピードの変化を楽しめます。
ファミリープール
水深70cmの子ども向けプールです。緩やかな傾斜の「わんぱくスライダー」を備えている他、プールサイドに「日よけエリア」があります。

癒しの庭

癒しの庭には、休息を取れる施設があります。

ミストの森
涼しさを感じられるミストが噴出するエリアです。涼感を得られるだけでなく、キラキラと光る水の粒子によって、幻想的な雰囲気を感じられます。
スパプール
プール内に腰掛けると腰に向かってジェット水流が噴射するものと、水底から気泡が噴出するもの、2つのジャグジーが楽しめる癒しのプールです。
遊泳プール
水深1.2m、水面積150m2の四角いプールです。軽く泳いだり水中運動をしたりして、リラックスすることできます。
渓流ウォーク
造波プールに沿って設置されたウォーキングゾーン。水の深さは足首あたりまでです。歩いていると心地良い涼しさを得られます。

交通アクセス

デカパトスへのアクセス方法をご紹介します。

自動車の場合
阪神高速3号神戸線「魚崎」出口、または阪神高速神戸線「摩耶」出口より約10分です。阪神高速5号湾岸線を利用する場合は、「六甲アイランド北」出口より約5分です。
鉄道の場合
六甲ライナー「マリンパーク駅」下車すぐです。
バスの場合
みなと観光バス「神戸国際大学前バス停」より徒歩3分です。