ご希望のプール[水泳]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
プール[水泳]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

プール情報

それぞれの競技で使われるプールの違い



競泳、水球、飛び込み、シンクロナイズドスイミングでは、それぞれ使用されるプールが異なります。それぞれの競技で使われるプールの違いについて紹介します。

競技別のプール国際規格

競技別のプール国際規格

それぞれの競技で使われるプールの規格は、国際水泳連盟によって決定されており、基準を満たしていなければオリンピックや世界選手権といった、国際大会を開催することはできません。

競泳のプール

競泳が行なわれるプールには、「短水路」と呼ばれる全長25mのプールと、全長50mの「長水路」と呼ばれるプールの2種類があります。「短水路」の場合は、水深1.0m以上、プール幅11m以上、スタート台の高さは水面上35~50cm、コース数は5コース以上が規定されており、「長水路」では、水深1.35m以上、プール幅15m以上、スタート台の高さは水面上50~75cm、コース数は7コース以上となっています。現在は、長水路のプール幅を25m以上とすることで、長水路競泳と短水路競泳をひとつのプールで行なえるようにする施設が増えています。

水球のプール

国際水球連盟が定める水球用プールの規定は、男子と女子で異なります。男子の場合は、縦30m、横20m、女子では縦25m、横17mを、フィールドロープで区画して作ります。なお、水深は男女とも規定は同じで、水深2.0m以上と定められています。なお、ゴールについても規定があり、高さ90cm、幅3.0mとされています。水球は50mプールを利用して行なわれるのが一般的です。

飛び込みのプール

高飛び込み、飛び板飛び込みとも、水深5.0m以上の深さが定められています。高飛び込みの場合、飛び込み台の高さは5.0m、7.5m、10mです。飛び込み台がプールに張り出す長さにも規定があり、高さ5mの場合は1.25m、7.5mと10mの場合は1.5mとなっています。飛び板飛び込みでは、飛び板の高さは1mと3mの2種類。プールの端からの張り出しは、どちらも1.5mで統一されています。

シンクロナイズドスイミングのプール

ルーティン種目とフィギュア種目で、それぞれ異なる規定が定められています。また、フィギュアにおいては2ヵ所のプールを用意することが規定に盛り込まれています。プールの寸法は、フィギュアの場合10m×3mです。2ヵ所が必要なプールは水深が異なり、ひとつは水深3m以上、もうひとつは2.5m以上となっています。ルーティン競技に用いられるプールは、12m×25m、水深2.5m以上で、そのうち12m×12mにわたって水深3.0m以上の部分がなければいけません。

国際競技で用いられるプールは、一般のプールよりも深い水深を持っています。水深が深い程水面に波が立ちづらいため、競技の妨げにならないだけでなく、記録が出やすいことが理由です。また、選手への負担やコンディションなどを加味して、水温は摂氏25℃~28℃の範囲に保たれています。